スポンサードリンク

太陽光発電【システム】の機器

太陽光発電システムは、モジュールのみでは役に立ちません。

様々な機器で構成されて初めて、家庭内で電気を使用したり売電できるようになっています。

 

こちらでは、機器の役割、注意点などをまとめました。

モジュール・設置架台

 

太陽光発電モジュール

シリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体などを素材にした物もあります。

 

「メンテナンスフリー」と言われているのは、この機器です。

 

理由としては「光起電力効果」(光の照射で電力が発生)によって光を即時に電力に変換して出力する発電機となっており、太陽電池そのものに稼動部分がないためです。

 

 

ただし、太陽電池=モジュールではありません。

実際に使われている「モジュール」は、「セル」という太陽電池を数十枚接続してあります。

 

「セル」単体では、サイズはほとんどが1辺15センチ程度しかありません。
セル同士はインターコネクタで接続されています。

 

『ぶどう』をイメージしてみてください。

モジュールイメージ

 

  • 小さな1粒『セル(太陽電池)』
  • の部分『インターコネクタ』
  • ぶどうそのもの『モジュール』

 

『茎(インターコネクタ)』が切れてしまえば、たとえ『粒(セル)』に問題がなくても、
『ぶどう(モジュール)』はバラバラになってしまいます。

 

セル(太陽電池)が故障しなくても、
モジュールに不具合が発生する可能性があることがわかると思います。

 

モジュール設置架台

設置架台は、モジュールを屋根に固定するための台です。

様々な屋根材、工法に対応するため、架台の種類も豊富です。

 

万一架台がサビてしまえば、モジュールの強度に不安がでます。

 

モジュールの業者点検項目はこちら

接続箱

太陽光発電 接続箱

太陽電池で発電された電力を、パワコンにつなぐ前に接続されており、

過電圧でパワコンが故障するのを避けるためにあります。

 

屋外に設置されており、点検では外箱の腐食や破損はもちろん、
様々な測定も行われます。

 

シャープの太陽光発電システムでは、
高機能パワコンを使用しているため接続箱は不要となっています。

 

ブレーカーや配線も多いので、内部の点検(配線の損傷等)は
資格を持った専門業者に任せましょう。

 

接続箱の業者点検項目はこちら

電力量計(メーター)

一般の「買電メーター」とは別に、「売電メーター」の取り付けが必要になります。
10年に1度の点検が義務付けられており、点検後は新しいメーターに交換となります。

 

こちらは電力会社(の下請け)が点検・交換に来ます。

 

電力会社によって費用が変わってきますが、東電の場合は「無料」。
他の地域では2万円〜12万円くらい。

 

使用しているメーターがアナログかデジタルかで違ってきます。

パワコン(パワーコンディショナー)

太陽光発電 パワコン

太陽電池で発電された電気は「直流」。

 

この直流電気を家庭で使用できる「交流」に変換しているのが「パワコン」です。

 

交換の際、多少のロスがありますが、ほとんどの機種の変換効率は94%前後です。

 

エラーコードの表示があるので、故障に気づきやすい機器でもあります。

 

屋内設置と屋外設置の2タイプがあります。

 

他の家電製品同様、10年〜15年位で修理、
あるいは買い替えが必要となってくる可能性があります。

 

修理や部品の交換の場合は数万円程度ですが、買い替えとなると10万以上となります。

 

災害等で停電の際、発電中であれば自立運転に設定して
非常用の電源として使用できます。(1500wまで)

 

点検では外箱の腐食や破損以外にも、配線の痛みや様々な測定が行われます。
資格を持った専門業者に任せましょう。

 

パワコンの業者点検項目はこちら

分電盤

太陽光発電 分電盤

発電した電気を、各部屋で使えるように送ります。
停電の際などによく言われる「ブレーカーが落ちた」という機器ですね。

 

太陽光発電システムを設置した場合、
システムに対応した分電盤が必要となり、新たに設置しなおします。

 

家庭内で使用する電力を送ることはもちろん、
余った電力(余剰電力)を送電線に送り込む役割も担っています。

モニター

太陽光発電 モニター

 

発電量から売電・買電量、電気代の目安等の情報が表示されます。

 

室内の目に付きやすい場所に設置すれば、節電意識の向上に非常に役立ちます。

 

累計の発電量等も表示できるので、データをチェックしておけば
不具合の早期発見にもつながります。

 

埋め込み式の他、持ち運びの出来るタイプなど、メーカーにより様々です。


売電事業の3つの罠は必見です↓

保守・点検ははつでん管理人がおすすめ