スポンサードリンク

『エコめがね』は有効?

エコめがねの表示画面

 

投資用の太陽光発電の保守管理・メンテナンスに『エコめがね』は非常に有効です。

 

しかし、導入には当然ながら費用がかかります。

 

『エコめがね』導入にかかる費用

  • 『エコめがね』本体の機器代金
  • サービス利用料(10年間)
  • 機器保証金
  • 設置工事費

 

設置する(管理する)太陽光発電の規模にもよりますが、初期費用として概ね50万円〜が一般的な費用です。

 

決して軽い費用負担ではありません。
そのため、導入に二の足を踏んでしまう方も少なくありませんが、まずは『エコめがね』のメリット・デメリットを検討し、費用だけでは判断しないほうが懸命です。

 

また、費用に関しては期間・台数限定のキャンペーン等の特別割引が行われていることもありますので、複数の太陽光発電の販売・設置業者や保守管理専門の業社から話を聞くことでより費用負担を抑えることも可能になります。

『エコめがね』のメリット

エコめがねの仕組みとメリット

  • 日々の発電をチェックすることで、自然災害等による発電トラブルに即対応出来る
  • 蓄積された発電データを比較・分析することで、不具合の早期発見ができる
  • NTTスマイルエナジー社製の安心感
  • 推定日射量と発電量データから発電状況を毎月診断出来る
  • 低圧太陽光発電(50kw未満)の【遠隔監視機器シェアNO.1】の実績(累計900MWに導入)
  • 販売店・施工主双方で監視可能
  • 販売・施工業者以外の第三者の監視システムなので、業者が万一倒産しても引き続き使用できる
  • ネット回線を通じて、【いつでも・どこでも】発電状況を確認出来る
  • 取付工事が簡単で、全てのパネル・パワコンに対応可能

『エコめがね』のデメリット

  • 初期費用が高額(50kw未満で50万円〜)
  • ネットワーク環境が必要(ない場合は別途追加費用が掛かる)
  • パワコンを直接計測しているわけではないので、多少の誤差が出る可能性がある

 

メリット・デメリットを比較して・・・

いかがでしょうか?
費用負担は大きいですが、【安心・安全】面ではメリットが大きいと思います。

 

また、近年の自然災害の多さ、ケーブル類の盗難被害や業者の倒産等の不安材料を思えば、【監視システムなし】という選択肢はギャンブルにも等しい状況です。

 

【監視システムは必須】。
では、問題は『費用負担をいかに抑えるか』にかかってくるのではないでしょうか。

『エコめがね』を最安値で導入するには?

エコめがねを最安値で導入する方法【特別キャンペーン】を見逃さない!

この一言に尽きると思います。

 

『エコめがね』は、NTTスマイルエナジー社が提供しているサービスですが、直接NTTスマイルエナジー社から購入・契約することは出来ません。

 

『エコめがね』を取り扱っている販売・施工・保守管理会社を通じての契約となります。
販売店によっては、【特別キャンペーン】を行っているケースもあります。

 

残り僅か7セット!5万円以上も割引のキャンペーン開催中

 

現在最も注目のキャンペーンは【はつでん管理人】になります。

 

キャンペーン内容

  • 型式:エコめがねモバイルパック60k
  • 低圧(50kw未満)の太陽光発電に対応
  • 通常価格55万円

    (エコめがね本体・通信費10年分・機器保証・工事費用含む

エコめがねを最安値で導入する方法エコめがねを最安値で導入する方法エコめがねを最安値で導入する方法

キャンペーン価格:49万8000円!

 

一台につき5万2000円も割引になっています。
台数制限はありませんので、仮に4区画に設置すると20万円以上もの差が出てきます。

 

(【はつでん管理人】について、詳しくは『注目の【O&M会社】はつでん管理人とは?』を参考にして下さい。)

 

特別キャンペーンを狙うことで、『エコめがね』最大のデメリットである【費用】が軽減されます。
興味のある方は、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 


売電事業の3つの罠は必見です↓

保守・点検ははつでん管理人がおすすめ